top of page

体験必須!フィリピンの伝統的食べ物とその食文化について詳しく解説

2024年1月28日

1. フィリピンの食文化の特徴

(1)米と肉の多用

フィリピンの食文化において、ますます注目される特徴の一つが「米と肉の多用」です。フィリピン料理には、主食としての米と、プロテイン源としての肉が欠かせません。

まず、米についてですが、フィリピンでは一日に2~3回の食事で必ずと言っていいほど登場します。特に、白米はそのまま食べられることもあれば、お粥にしたり、焼き飯にしたりと、多彩な料理に利用されます。

次に肉ですが、最も一般的なのは豚肉と鶏肉です。海洋国家であるにも関わらず、魚よりも肉が好まれる傾向にあります。肉は炒め物やシチュー、揚げ物など様々な調理法で提供されます。

フィリピン料理の基本とも言える「米と肉」。その組み合わせは、現地の食生活を象徴していますし、味わいの深さとバリエーションの豊かさを感じさせてくれます。

(2)独特の甘味と酸味のバランス

フィリピン料理の特徴の一つに、甘味と酸味のバランスがあります。これは、彼らの調味料の選び方から生まれています。主に使用される調味料には、醤油、酢、カラマンシー(フィリピンレモン)などがあります。

例えば、「アドボ」は醤油と酢をベースにした料理で、甘味と酸味が絶妙にマッチしています。また、「シニガン」はトマトやタマリンドを使用して酸味を出し、具材の旨味と絶妙にバランスをとっています。

これらの料理を通して、フィリピン料理の独特な味わい、すなわち「甘さと酸っぱさのバランス」を堪能することができます。この絶妙な風味バランスが、フィリピン料理の魅力の一つと言えるでしょう。

(3)地元のフルーツを使ったデザート

フィリピンでは、豊富な種類のフルーツが収穫され、その多くがデザートとして活用されています。中でも特筆すべきは「ハロハロ」です。これはミックスフルーツ、豆、氷、そしてミルクを組み合わせた、フィリピンを代表する冷たいデザートです。

また、「レチェ・フラン」も見逃せません。これはスペインの影響を受けたカスタードプリンで、ココナッツミルクを使用して作られ、上部にはカラメルがトッピングされます。

以下に代表的なフィリピンのフルーツデザートをいくつかご紹介します。

デザート名

主な材料

ハロハロ

ミックスフルーツ、豆、氷、ミルク

レチェ・フラン

ココナッツミルク、卵、砂糖、カラメル

ビブンカ

ココナッツミルク、もち米、卵、砂糖

これらのデザートは、フィリピンの甘さと独特の風味を堪能することができます。

2. フィリピンで人気の伝統的食べ物

(1)アドボ

アドボは、フィリピンの代表的な料理の一つで、その名称はスペイン語の「adobar」から来ています。「adobar」はマリネするという意味で、フィリピンのアドボもその名の通り、豚肉や鶏肉を醤油、ビネガー、ニンニク、黒胡椒などでマリネした後、煮込むという調理法が特徴です。

以下にアドボの基本情報を表にまとめてみました。

名称

アドボ

主な材料

豚肉、鶏肉、醤油、ビネガー、ニンニク、黒胡椒

調理方法

材料をマリネした後、煮込む

そのシンプルな調理法ながらも、肉の旨みと調味料が絶妙に絡み合い、フィリピン人の心を掴んで離さない深い味わいを生み出します。フィリピン料理店のメニューには必ずと言っていいほど登場し、訪れた旅行者も高く評価しています。

(2)シニガン

シニガンは、フィリピンの代表的な酸味の効いたスープ料理です。シニガンはタマリンドを主体としたスープに豚肉や魚、さまざまな野菜が加えられ、一緒に煮込まれます。

【原材料】

  • 肉:豚肉や魚など

  • スープ:タマリンド

  • 野菜:オクラ、大根、ナスなど

その特徴的な酸味は、主にタマリンドの果実から来ています。このフルーツは南アジア原産で、酸味が特徴的な風味を持つため、料理全体に爽やかさと深みを与えます。

また、シニガンには地域や家庭によって様々なバリエーションがあります。例えば、肉の種類を変えたり、酸味を与える食材をレモンやトマトに変えて作ることもあります。

フィリピンの家庭料理として愛されているシニガンは、ホッとするような味わいからローカルの間でも非常に人気があります。その鮮烈な風味をぜひ一度ご賞味ください。

(3)ルンピア

ルンピアは、フィリピン版の春巻きで、非常に人気があります。薄い皮で野菜や肉を包み、揚げたものをさらに甘辛いソースで味付けします。特にパーティーや祭りの際によく作られ、家族や友人と分かち合う料理として親しまれています。また、スナックとしても手軽に楽しむことができます。

以下にルンピアの基本的なレシピを表にまとめます。

材料

春巻きの皮

10枚

豚挽肉

200g

人参

1本

もやし

1袋

ニラ

1束

塩、こしょう

適量

揚げ油

適量

まずは材料をすべて刻んで炒め、春巻きの皮で包みます。その後、揚げ油でカリッと揚げることで完成です。ソースは甘辛く、フィリピン料理特有の酸味が加わることで深みを増します。他にもエビや豆腐を具材に加えるなど、アレンジの幅が広いのもルンピアの魅力です。せっかくフィリピンを訪れるなら、ぜひ地元の味を堪能してみてください。

(4)カレカレ

カレカレはフィリピンの伝統的な料理で、その特徴は独特な味と色鮮やかな見た目です。主な材料は牛肉や豚肉、そしてさまざまな野菜、特にオクラやナス、モロヘイヤなどの緑の野菜が使用されます。

この料理はピーナッツソースでまとめられ、その結果として生まれるクリーミーで甘い風味が特徴となります。また、鮮やかなオレンジ色はアワトレから来る自然な色素によるもので、見た目も楽しませてくれます。

材料

特徴

牛肉・豚肉

主たるたんぱく源

野菜(オクラ、ナス等)

栄養バランスを整える

ピーナッツソース

独特の甘さとクリーミーさ

アワトレ

鮮やかな色付け

フィリピンの伝統的な料理と言えば、カレカレは決して忘れてはならない一品です。その特別な味わいは、一度食べれば忘れられない魅力があります。

(5)バルート

フィリピンの伝統的な食べ物といえば「バルート」も忘れてはなりません。これは鴨の卵を17~21日間孵化させたもので、中には未熟な鴨の胚が含まれています。その風味は独特で、初めて食べる人にとっては少々抵抗があるかもしれません。

しかし、栄養価が非常に高く、特にタンパク質やカルシウムが豊富です。一般的には塩を振ってから殻を割り、中のスープを先に飲むという食べ方が一般的です。

また、バルートはストリートフードとしても人気があり、屋台やマーケットでよく見かけます。現地の人々にとってはお酒の肴としても欠かせない存在なのです。

名称

バルート

特徴

17~21日間孵化させた鴨の卵

栄養価

タンパク質・カルシウム

食べ方

塩を振ってから殻を割り、中のスープを飲む

人気度

ストリートフードとして非常に人気

フィリピンの伝統的な食事をより深く理解するためにも、ぜひ一度は試してみてください。

(6)レチョン

レチョンは、フィリピンを代表する祝宴料理で、全体を丸ごと焼き上げた豚のことを指します。レチョンは祭りや特別な日に作られ、その見た目の華やかさと豚肉のジューシーさが絶妙にマッチした料理として知られています。

一般的なレチョンの調理法は、まず豚の内部にスパイス類やハーブを詰め、炭火でじっくりと焼き上げます。外皮はパリッと焼き上げる一方、中はしっとりとした食感を保つのが特徴です。また、付属のソースには醤油やヴィネガーが使われることが多く、フィリピン料理特有の甘さと酸味のバランスが楽しめます。

ただし、レチョンの味付けや調理法は地域によって差があり、フィリピン各地で異なる味わいを楽しむことができます。この地域性を楽しむのもフィリピン料理の一つの醍醐味と言えるでしょう。

3. フィリピンの伝統的な飲み物とフルーツ

(1)ハロハロ

フィリピンの伝統的なデザートといえば、何といっても"ハロハロ"です。このユニークなスイーツは、彩り豊かな具材が満載で、見た目からして楽しい一品です。

ハロハロの基本的な構成は以下の通りです。

【ハロハロの基本的な構成】

  • かき氷

  • ミルク

  • フルーツや豆、ゼリーなどのトッピング

  • レチェフラン(練乳を用いたカスタードプディング)

その名前はタガログ語で「混ぜ混ぜ」を意味し、各種の具材が一つのカップに混ぜられて供されます。食べる前には、スプーンで全ての具材をよく混ぜ合わせます。

どの層もそれぞれ異なる食感と味わいがあり、全てが混ざり合ったときに初めてハロハロの真骨頂を味わうことができます。暑いフィリピンの日差しを避けて一息つく時に、ぜひ楽しんでみてください。

(2)サンミゲル・ビール

フィリピンでは、暑い気候を凌ぐために、ビールがよく飲まれています。特に、国内で最も親しまれているビールが「サンミゲル・ビール」です。

サンミゲル・ビールは、フィリピンで最初に設立された醸造所「サンミゲル醸造」が生み出した商品で、1890年の創業以来、その風味と品質を保ち続けています。ラガースタイルのこのビールは、淡いゴールド色をしており、バランスのとれたホップと麦芽の味が特徴です。

また、フィリピン料理は種類豊富な味付けやスパイスが用いられるため、その味わいを引き立てる役割も果たしています。さらに、フィリピンの人々が大切にしているコミュニケーションの場でもある飲食の時間に欠かせない存在とも言えます。

現地で一杯のサンミゲル・ビールを味わうことで、フィリピンの文化をより深く理解する一助となるでしょう。

(3)マンゴー

フィリピンといえば、その甘さと香り高さで人気のマンゴーが外せません。フィリピンは世界でも有数のマンゴーの生産国で、特にセブ島産のマンゴーはブランド化されています。

マンゴーはそのまま食べるだけでなく、乾燥させたドライフルーツやスムージー、アイスクリームなど様々な料理に用いられます。また、グリーンマンゴーはピクルスやサラダに使われ、独特の酸味がフィリピン料理のアクセントとなっています。

また、マンゴーはビタミンAやC、ポリフェノールを豊富に含む健康食品としても知られています。

用途

料理名

デザート

マンゴーフロート

ドリンク

マンゴーシェイク

乾物

ドライマンゴー

フィリピン訪問時には、新鮮なマンゴーをぜひ味わってみてください。

(4)パパイヤ

フィリピンでは、パパイヤは非常に人気のあるフルーツです。地元で栽培され、その新鮮な甘さは必ずしもインターナショナルなスーパーマーケットで見かけるものとは違います。

パパイヤはそのまま食べるだけでなく、さまざまな料理にも使用されます。例えば、「パパイヤ・サラダ」はフィリピンの家庭料理で、新鮮なパパイヤのシャキシャキとした食感と酸味が特徴的です。

また、グリーンパパイヤ(未熟なパパイヤ)は、フィリピンの伝統的なスープ料理、「ティニョラ」の主成分として使用されます。このスープは魚介類とグリーンパパイヤを主成分に、スープの味を引き立てるためにタマリンドやすりおろしたトマトを加えて作られます。

パパイヤの果肉は、ビタミンC、カリウム、葉酸など豊富な栄養素を含み、ビタミンEとビタミンAも豊富で美容にも良いとされています。また、消化を助ける酵素パパインも含んでおり、フィリピンの人々にとって欠かせないフルーツです。

(5)ランブタン

ランブタンは、フィリピンに豊富に生息する熱帯果物の一つです。その名前はマレー語で「毛むくじゃら」を意味し、実際に果実の外側は赤い毛に覆われています。この特徴的な外観から別名「毛皮果」とも呼ばれます。

ランブタンの肉は透明で柔らかく、甘さと酸味の絶妙なバランスが特徴です。種を取り除き、そのまま食べる以外にも、フィリピンではさまざまな料理やデザートに用いられます。

例えば、ランブタンを使用したジャムやシャーベットは、甘みと独特の風味を楽しむことができる一方、サラダや魚料理にトッピングとして加えることで、爽やかな酸味が一皿の中にアクセントを加えます。また、ランブタンの実を生のまま、冷蔵庫で冷やしておくと、暑いフィリピンの日差しを避ける最高のデザートとなります。

ランブタンはビタミンCが豊富で、美容と健康にも良いとされています。フィリピン旅行の際には、ぜひこのエキゾチックな果物を試してみてください。

(6)ドリアン

ドリアンはフィリピンでは「果物の王様」とも称され、その特徴的な外観と強烈な香りからは想像できないほどの濃厚な甘みが特徴です。しかし、ドリアンの香りは賛否が分かれるため、初めて食べる方は少しずつ試してみると良いでしょう。

フィリピンでは、市場やスーパーマーケットで生のドリアンを購入することが可能です。また、ドリアンを使用したアイスクリームやケーキなどのデザートも人気で、独特の風味を楽しむことができます。

また、フィリピンのドリアンは、特にダバオ地方で生産されており、地元では様々なドリアン製品が販売されています。その中でもドリアンキャンディーは、お土産としても喜ばれます。

表1. フィリピンのドリアン製品

製品名

特徴

ドリアンの生果実

強烈な香りと濃厚な甘みが特徴

ドリアンアイスクリーム

ドリアンの風味をそのまま楽しめる

ドリアンケーキ

甘さと香りが絶妙にマッチしたデザート

ドリアンキャンディー

お土産に最適なドリアン風味のキャンディ

以上のように、ドリアンはフィリピンの象徴的なフルーツの一つであり、フィリピン旅行の際にはぜひ味わってみてください。

4. フィリピン料理における地域差とその影響

(1)北部ルソン地方の料理

北部ルソン地方はフィリピン最大の島で、料理も多様性に富んでいます。その中でも特に代表的なのが、「ピニャクベット」と「イガド」です。

「ピニャクベット」は、野菜を豚肉やエビの出汁で煮込んだ料理で、フィリピンの家庭料理として非常にポピュラーです。主な具材は、オクラ、茄子、かぼちゃ、ビターゴード(苦瓜)など、栄養満点だと言えます。

一方、「イガド」は内臓肉とビネガーを使ったステューで、酸味と塩味が絶妙にマッチした独特の一品となっています。

名称

内容

ピニャクベット

豚肉やエビの出汁で煮込んだ野菜料理

イガド

内臓肉とビネガーを使ったステュー

これら2つの料理は、ほんの一例に過ぎません。フィリピン北部ルソン地方では豊富な食材を使ってさまざまな料理が作られていますので、ぜひ試してみてください。

(2)中部ビサヤ地方の料理

ビサヤ地方は海洋資源が豊富なため、その地域の料理には新鮮な海産物が多く使用されます。特に、「イナサール」、「バチョイ」、「キニラウ」が有名です。

「イナサール」は、豚肉または鶏肉をレモングラスやココナッツビネガーでマリネした後、炭火でじっくりと焼き上げた料理です。心地よい酸味と独特の香りが特徴で、地元民から観光客まで幅広く愛されています。

「バチョイ」は豚骨と海産物をベースにしたスープ料理で、ビサヤ地方の冬季には特に人気です。具材としては、豚肉、エビ、イカ、そして新鮮な野菜がたっぷりと使われています。

「キニラウ」は、生の魚とトマト、玉ねぎをココナッツビネガーで和えた、ビサヤ地方の伝統的なシーフード料理です。新鮮な魚の旨味と酸味が絶妙にマッチしています。

これらの料理は、ビサヤ地方の豊かな海洋資源と独自の調理技術が融合した、まさに地元の味わい深い料理と言えます。

(3)南部ミンダナオ地方の料理

フィリピン南部ミンダナオ地方の料理は、マレー系の影響が色濃く見られます。ここでは魚介類をふんだんに用いた料理が特徴的で、その一つに「キナラヤン」があります。これは魚を香草やスパイスで包み、バナナの葉で蒸した料理で、独特の風味が魅力です。

また、タブレットに表示される情報は以下の通りです。

料理名

特徴

キナラヤン

魚を香草やスパイスで包んで蒸した料理

ピアパラン

エビや野菜をココナツミルクで煮込んだ料理

もう一つ、注目すべき料理が「ピアパラン」です。これはエビや野菜をココナツミルクで煮込んだ一品で、マレー料理のココナッツミルクを使った料理に似ています。これらの料理を味わうことで、フィリピン料理の豊かな地域差を感じることができます。

5. フィリピン料理を楽しむためのポイント

(1)現地の食習慣について知る

フィリピンの食習慣は、その多様な文化背景から大変ユニークです。まず、フィリピン人は一日に最低3回、主食としてご飯を食べます。朝食、昼食、夕食といった基本の3食に加えて、午前と午後の休憩時間に軽食(メリエンダ)を取ることも一般的です。

また、フィリピン料理はその場所や機会によっても変わります。例えば、日常的な家庭料理と祝祭料理では全く異なるメニューが振る舞われます。祝祭料理では豪華な「レチョン」(ローストピッグ)が主役になることが多いです。

さらに、ソースを多用する食文化も特徴的です。フィリピン料理は味付けが濃く、ソースやディップが欠かせません。特に「トヨマンシー」(醤油とカラマンシーの組み合わせ)は多くの料理に使われます。

これらの食習慣を理解することで、フィリピンの料理をより深く楽しむことができます。

(2)旅行中に試すべき飲食店の選び方

フィリピンを訪れた際には、現地の伝統的な食文化を味わうため、適切な飲食店の選び方が重要です。

まず、忘れてはならないのが、「ローカルの人々が多く訪れる店」を選ぶことです。現地の人々が利用する店は、その地域の伝統的な味を反映しています。また、現地の人々とのコミュニケーションを通じて、新たな発見や理解が深まるでしょう。

次に、飲食店の衛生状態も重視しましょう。特に、肉料理が豊富なフィリピンでは食材の取り扱いが重要です。見た目と雰囲気だけでなく、店内が清潔であるか、調理方法が適切か等を確認します。

さらに、フィリピン料理の特徴や種類について少し知識を持つと、飲食店選びも容易になります。各店がどんな料理を得意としているか調べ、興味がある料理を提供している店を選ぶと良いでしょう。

以上の点に注意しながら、フィリピンの伝統的な食事を堪能しましょう。

(3)地元のマーケットで食材を買って自炊する体験

フィリピン旅行の醍醐味として、地元のマーケットで新鮮な食材を手に入れ、自炊する体験もおすすめです。地元の人々が日々食べている食材に触れることで、その国の食文化をより深く理解することができます。

フィリピンでは、パラエンタエ市場やカルボン市場など、各地に大きな食材マーケットが広がっています。そこでは新鮮な魚介類、豊富な種類のフルーツ、珍しいスパイスやハーブなど、様々な食材を見つけることができます。

市場で買った食材を使って、自身でフィリピン料理を作ってみるのも一つの体験です。現地のレシピを参考にしながら、アドボやシニガンを作ってみてください。その際、地元の人々とコミュニケーションを取りながら調理法を学ぶと、より楽しい体験となるでしょう。

6. まとめ

本記事を通して、フィリピンの食文化とその特徴、人気の伝統的食事、地域ごとの料理の違い、さらに、現地で楽しむためのポイントについて説明しました。米や肉を主食としたフィリピン料理は、多種多様な風味と独特な甘酸っぱさが特徴です。特に、国民的な料理であるアドボや、貴重な体験となるバルートなどは試す価値ありです。

また、フィリピンの飲み物やフルーツは、その甘さと新鮮さで知られるハロハロや、現地でしか味わえないフルーツも見逃せません。地域によってもフィリピン料理は多様で、それぞれの地方により独自の特色があります。旅行時には、現地のマーケットで食材を購入し自炊するなど、食文化を深く体験することをおすすめします。


bottom of page