top of page

フィリピン移住を考えているあなたへ!現地の習慣や安全情報を完全ガイド!

2023年12月17日

1. フィリピン移住の基本情報

フィリピンとは

フィリピンとは、東南アジアに位置する島しょ国で、7,100以上の島々から成り立っています。人口は約1億人で、その多くがキリスト教を信仰しています。公用語はフィリピノ語と英語で、英語は教育・ビジネスなどの場で広く使われています。

この国は豊かな自然環境とリゾート地で知られており、多くの観光客を引き付けています。また、近年では安価な生活費や手厚い老後生活を求める日本人にとって、新たな移住先として注目されています。

しかし、フィリピンには台風が頻繁に発生し、そのための対策も必要です。また、治安の問題やインフラの未整備など、日本とは異なる生活環境に直面する可能性もあります。移住を考える際にはこれらの情報を把握し、準備を進めることが大切です。

フィリピンの地理と気候

フィリピンは東南アジアに位置し、約7,100の島々から成る島国です。三面を海に囲まれた国土は、北から南へ約1,850kmにわたって広がっています。また、気候は熱帯で、年間を通して高温多湿です。

フィリピンの気候は主に二つの季節に分けられます。雨季と乾季で、雨季(6月~11月)では特に台風の影響を受けやすく、乾季(12月~5月)は晴れの日が多くなります。特に、2月から5月へかけての乾季は日本の冬と重なり過ごしやすい時期となります。

フィリピンは地震や台風などの自然災害も多く発生する地域です。特に地震については、多発地震帯である「リング・オブ・ファイア」に位置しているため頻発します。そのため、自然災害についての知識や対策も必要となります。

以上がフィリピンの地理と気候の基本情報です。移住を考える際にはこれらの情報を参考に、具体的な準備を進めていくことをおすすめします。

2. フィリピン移住のメリット

容易な永住権の取得

フィリピンへの移住を考える際に気になるのが、永住権の取得です。実は、フィリピンでは比較的容易に永住権を取得することが可能です。

まず、フィリピン政府は外国人投資家を積極的に招き入れる政策を持っており、特に退職者向けのビザ「SRRV」は、一定の条件を満たすことで永住権が取得できます。

表1. SRRVの基本的な条件

  • 35歳以上であること

  • 月額の定期収入を持つこと(年金など)

  • 固定資産(不動産等)を持つこと

ただし、具体的な条件や手続きは変わる可能性もありますので、最新の情報を確認することが重要です。

また、結婚や親族による担保も一つの道となります。フィリピン人との結婚や親族がフィリピン国籍を持つ場合、永住権取得の過程が容易になることがあります。

以上のように、フィリピンは永住権の取得が比較的容易な国であると言えます。しかし、具体的な手続きや条件については専門家に相談するのが最善です。

物価と生活費が安い

フィリピン移住の大きな魅力の一つに、物価と生活費の安さが挙げられます。日本と比較して食費や交通費などの日常的な出費が格段に安いため、一般的なサラリーマンでも贅沢な生活を送ることが可能です。

例えば、フィリピンのレストランでの一人前の食事の平均価格は約200ペソ(約400円)ほど。また、地元の市場で新鮮な野菜や果物、魚を購入するとさらに安く抑えることも可能です。

以下に、フィリピンと日本の物価の違いを表にまとめてみました。

項目

フィリピン(ペソ)

日本(円)

飲食代(1日分)

600

3,000

交通費(1日分)

200

1,000

このように、フィリピンでの生活は日本と比べて大幅にコストを抑えることができます。そのため、生活費を気にせずに移住生活を楽しむことが可能となります。

過ごしやすい暖かい気候

フィリピンは、熱帯気候で年間を通して温暖であるため、寒さに弱い方や四季の変化が苦手な方にとって、過ごしやすい環境と言えます。

具体的な気温は以下の通りです。

平均最高気温(℃)

平均最低気温(℃)

1月

29

21

4月

34

24

7月

30

24

10月

31

23

冬の厳しさから逃れることができ、日本の夏ほど暑くない期間も長いため、心地よい暮らしが実現可能です。日差しが強い日もありますが、適切なUV対策を行えば問題ありません。

ただし、フィリピンは湿度も高いので、日本と比べ汗をかきやすい環境です。そのため、服装や生活習慣の見直しをすることで、快適に過ごせるようになります。

英語が通じる環境

フィリピン移住の大きなメリットとして、「英語が通じる環境」があります。フィリピンはアメリカの影響を受けており、2つの公用語のうちの1つが英語です。学校では初等教育から英語教育が行われているため、フィリピン人の英語力は高いと言われています。

表1: フィリピン人の英語力

年齢層

英語力

10-19歳

高い

20-29歳

高い

30-39歳

中程度

移住先で言語の壁に悩むことは少なく、生活する上で非常に便利です。また、ビジネスシーンでも英語が通じるため、国際的なビジネスを展開しやすい環境と言えます。

日本からの距離が近い

フィリピンへの移住を検討する多くの日本人にとって、非常に魅力的な点の一つが「日本からの距離が近い」ことです。直行便を利用すれば、マニラまでは約4時間、セブまでは約3.5時間で到着します。これは、海外移住先として主要な選択肢の一つであるヨーロッパや北米と比べると断然近いです。

また、時差も最大で1時間しかなく、ビジネスや家族とのコミュニケーションにも便利です。このような距離の近さは、一時帰国のしやすさや、緊急時の対応にも大きなメリットをもたらします。

以下に、各都市と日本との距離と所要時間を表に示します。

都市

距離

所要時間

マニラ

約2,980km

約4時間

セブ

約2,780km

約3.5時間

ダバオ

約3,240km

約4.5時間

フィリピン移住の魅力の一つとして、日本からの距離の近さをぜひご検討ください。

不動産投資の機会

フィリピン移住の魅力の一つに、「不動産投資の機会」があります。近年、フィリピンは経済成長を遂げる一方で、不動産市場も活性化しています。低価格で購入できる物件がまだ多く存在し、リーズナブルな価格での購入から、リターンを見込むことができます。

特に、観光地として知られるセブや、ビジネスの中心地であるマニラでは、コンドミニアムや商業施設などの開発が盛んに行われており、投資家からの注目を集めています。

以下に、不動産投資の三つの主なメリットを表にまとめました。

メリット

説明

物件価格の安さ

他国と比較して物件価格が一般的に安いため、初めての不動産投資でも始めやすい。

高い利回り

フィリピンの高い経済成長により、物件価格の上昇や賃料収入が見込める。

成長市場

観光産業やビジネスの発展により、今後も不動産需要が増えると予想される。

ただし、不動産投資にはリスクも存在します。物件選びから管理まで、専門的な知識が必要です。また、法律や税制についても把握することが大切です。

フィリピン人の親しみやすさ

フィリピン人の特徴として、その親しみやすさが挙げられます。フィリピン人は陽気で温かく、親切心に富んでいます。たとえば、見知らぬ人でも積極的に声をかけ、コミュニケーションを図ろうとします。

また、フィリピン人はゲストを大切にする文化があります。そのため、新しくフィリピンに移住したばかりの人も、すぐに地元のコミュニティに溶け込むことができます。

さらに、フィリピン人は笑顔がとても素敵です。彼らのポジティブなエネルギーは、新たな生活を始める上で大きな励みとなるでしょう。

ただし、言葉や文化が異なるため、最初はコミュニケーションに慣れるまで時間がかかるかもしれません。しかし、フィリピン人の親しみやすさを理解して、積極的に関わることで、その壁はすぐに取り除かれるでしょう。

3. フィリピン移住のデメリットと解決策

現地の食事への適応

フィリピン移住では、現地の食事への適応が重要なポイントです。フィリピン料理は、その独特な風味と種類の多さから、初めての人にとっては驚きの一つかもしれません。

まず、基本的なフィリピン料理をご紹介します。

【フィリピンの代表的な料理】

  1. アドボ:鳥肉や豚肉を醤油とビネガーで煮込んだもの

  2. シニガング:豚肉と野菜をたっぷりと入れた酸味のあるスープ

  3. パンシット:細麺や太麺を使った炒め物やスープ

これらは一部ですが、フィリピン料理は多種多様です。また、フィリピンはトロピカルフルーツが豊富な国でもあるため、新鮮なフルーツを楽しむこともできます。

しかし、食事に対する個々の好みや体質、宗教上の制約など、様々な要素により全ての料理が合うわけではありません。そこで、現地のレストランやマーケットで食材を選ぶ際には、自分の好みや体調を考慮して選ぶことをおすすめします。また、日本食が恋しくなった際には、日本食レストランや日本食材が手に入るショップも存在しますので、活用してみてください。

"フィリピーノタイム"への馴染み

「フィリピーノタイム」とは、フィリピン特有の時間感覚を表す言葉で、時間にルーズな傾向があります。例えば、約束の時間よりも30分から1時間程度遅れても許容されるという習慣があります。

こうした生活慣習に馴染むためには、日本のような厳密な時間管理から少し距離を置き、フィリピン人の時間感覚に対する理解と寛容さが必要となります。

また、予定が遅れる可能性を見越して、自身のスケジュール管理に余裕をもたせることも重要です。時間管理が難しく感じるかもしれませんが、フィリピンのリラックスした生活リズムに馴れることで、ストレスフリーな移住生活を送ることができるでしょう。

医療レベルと費用

フィリピン移住を考える上で、医療環境とその費用は重要なポイントです。

フィリピンの医療レベルは、都市部では一般的に高く、特にマニラやセブなどでは最新の医療機器を揃えた病院も存在します。しかし、地方では設備が整っていない場所も少なくありません。また、医師の質も場所によりますので、治療が必要な場合は情報をよく確認してから医療機関を選ぶことが重要です。

医療費用については、日本に比べて格段に安いです。ただし、海外での医療に対する保証は日本の保険ではカバーされませんので、海外旅行保険や現地の保険に加入することをオススメします。

以下に一般的な医療費用の目安を表にまとめました。

項目

費用(ペソ)

初診料

500〜1,000

再診料

300〜500

処方箋

薬の種類による

これらの情報をふまえ、安全にフィリピン生活を送るための準備をしてください。

渋滞問題

フィリピン移住を考える際、一つの課題として浮上するのが「渋滞問題」です。特に首都マニラやセブ市などの大都市では慢性的な交通渋滞が日常となっています。

以下に、主な原因と解決策をまとめました。

【原因】

  1. 道路の整備が追いついていない

  2. プライベートカーの増加

  3. 道路上の乱暴な運転

【解決策】

  1. 公衆交通機関(ジープニー、トライシクル)の利用

  2. ラッシュアワーを避ける

  3. 渋滞を避けたルートの確認・利用

また、Googleマップなどのナビゲーションアプリを駆使することで、予測以上にスムーズに移動することも可能です。フィリピン移住時には、こうした現地の交通事情を理解し、適応することが大切です。

虫や野生動物の存在

フィリピン移住のデメリットの一つに、虫や野生動物の存在が挙げられます。フィリピンは熱帯であり、日本とは異なる生物が生息しています。特にモスキート(蚊)は、デング熱やマラリアなどを媒介することから注意が必要です。

以下に具体的な対策を表形式で示します。

生物種

対策

モスキート(蚊)

蚊取り線香・虫除けスプレーの使用、蚊帳で寝る、長袖・長ズボンの着用

ネズミ

食材は密封保存、清掃を怠らない

ヘビや大型昆虫

周囲の環境を清潔に保つ、適切な害虫駆除

また、フィリピンには珍しい野生動物も生息しており、その一部は保護されています。例えば、フィリピンターシャーやフィリピンイーグルなどです。これらの生物に遭遇した場合は、適切な行動を取ることが求められます。

4. 移住前の事前準備

英語やタガログ語の学習

フィリピン移住を考える際、語学力の向上は欠かせません。特に英語とタガログ語は、現地での生活をスムーズに進めるために必要となるスキルです。

まず、フィリピンは公用語が英語とフィリピノ(タガログ語)の二つであるため、基本的な会話ができると生活が大変楽になります。英語はビジネスシーンや学校教育で使われることが多いです。

一方、タガログ語は日常生活でよく使われます。地元の人々との交流や、生活に密着した習慣・文化を理解するためには、基本的なタガログ語の知識が役立つでしょう。

言語

フィリピンでの使用場面

英語

ビジネス、学校教育

タガログ語

日常生活、地元との交流

オンラインや語学学校での学習を通じて、移住前から準備を始めましょう。

コミュニケーションスキルの磨き方

フィリピンでの生活をスムーズにするためには、コミュニケーションスキルの磨き方が重要となります。以下に具体的なステップを3つご紹介します。

1.「基本的な言語スキルの習得」 フィリピンでは英語が広く通じますが、タガログ語も理解できるとより良いコミュニケーションが可能となります。日々の暮らしの中で使える基本的なフレーズから学ぶと良いでしょう。

2.「現地の文化や習慣の理解」 フィリピンの文化や習慣を理解することで、より深いコミュニケーションが可能となります。例えば、フィリピン人は直接的な否定を避ける傾向にあるため、返答を適切に解釈することが大切です。

3.「フィリピン人との交流」 実際にフィリピン人と交流することで、現地の人々の考え方や感じ方を直接学べます。たとえば、地元の市場で買い物をしたり、地元のイベントに参加したりすると良いでしょう。

以上のステップを踏むことで、フィリピンでのコミュニケーションスキルを磨くことが可能となります。

フィリピンの文化・常識の理解

フィリピン移住前には、現地の文化と常識について理解しておくことが重要です。一つ目に、フィリピンはカトリック教が根強く、宗教的な行事が多い点です。例えば、クリスマスは12月25日だけでなく、12月16日から始まる「シンバンガビ(夜明けのミサ)」という9日間続くミサがあります。二つ目は、親戚や友人とのつながりを大切にする家族観が強い点。家族の意見や助けが大きな影響を及ぼすため、互助関係を作ることが大切です。三つ目は、「フィリピーノタイム」を理解すること。これは当地で一般的な時間感覚で、約束の時間よりも少し遅れてくることが許容される文化です。これらの文化を理解し、尊重することでスムーズに現地生活を送ることができます。

エリアの地理や土地柄の把握

フィリピン移住を考える上で、エリアの地理や土地柄の把握は必須となります。フィリピンは約7,000もの島々から成る国ですから、各地域で生活環境や文化が異なります。

例えば、都市部であるマニラは発展が進み、商業施設や医療施設が整っています。一方、ビーチが美しいと人気のセブ島はリゾート感覚で過ごすことが可能です。ダバオは物価が安く、治安も良いと評判です。

以下に、主要都市の特徴を表形式でまとめました:

都市名

特徴

マニラ

発展した都市部、商業施設や医療施設が充実

セブ

美しいビーチがあり、リゾート感覚で生活可能

ダバオ

物価が安く、治安が良い

移住前には自分のライフスタイルに合ったエリア選びが大切です。あらかじめ情報を収集し、可能であれば訪れてみると良いでしょう。

5. フィリピン移住におすすめのエリアとその特徴

セブ

フィリピン移住におすすめのエリアとして、まず注目すべきは「セブ」です。セブはフィリピンの中でも第二の都市とされ、経済発展が進んでいます。マニラと違い、治安も比較的良好な地域です。

セブはビーチリゾートが豊富であり、リゾートライフを楽しむ方々にとっては理想的な場所です。また、英語教育が進んでいるため、英語を学びたいと考えている人にも最適な場所と言えます。さらに、セブは異文化交流の場としても知られています。

以下に、セブの特徴をまとめた表を示します。

項目

詳細

治安

比較的良好

生活環境

リゾートライフが楽しめる

言語

英語教育が進んでいる

交流

異文化交流の場として知られる

セブでの生活は、一般的な都市生活とは異なる魅力が満載です。フィリピン移住を考えている方は、ぜひセブを候補の一つとして考えてみてください。

マニラ

マニラはフィリピンの首都であり、経済、文化、政治の中心地です。高層ビルが立ち並ぶビジネス街、モールやレストランが集まるショッピングエリア、そして歴史的な観光地が混在しています。

表1. マニラの特徴

特徴

詳細

経済

フィリピン最大の経済圏で、多種多様なビジネスチャンスがあります

生活

生活インフラが整っており、日本食レストランやスーパーマーケットも充実

治安

都心部は比較的安全ですが、地域により差があります

交通

タクシーやGrab(配車サービス)が利用可能。ただし渋滞は避けられません

多くの外国人が集まるエリアであるため、英語が通じやすく、また日本人コミュニティも活発で、情報交換などのサポートも充実しています。その一方で、大都市特有の問題として治安や交通渋滞が挙げられます。これらを踏まえた上で、マニラ移住を考える際には、自分のライフスタイルやビジネスの形態に合わせてエリア選びを行うことが重要です。

ダバオ

ダバオはフィリピン南部のミンダナオ島に位置する大都市で、一年を通じて安定した気候が特徴的です。マニラのような見せかけの湿度も少なく、生活に適した環境が整っています。

また、ダバオは「世界で最も安全な都市」にも選ばれており、治安の良さが魅力となっています。これは市の厳しい法律と、法律を順守する市民の意識の高さによるものです。

経済面では、農業、漁業、観光業が盛んで、外国人投資家にとっては大きなビジネスチャンスが広がっています。主要な作物としてはバナナやパイナップルがあり、それらの輸出が盛んです。

これらの特徴から、ダバオはリタイアメントやビジネス目的でのフィリピン移住におすすめのエリアと言えるでしょう。

6. フィリピンでの銀行口座開設の手順とメリット

フィリピン移住後の生活には、現地での銀行口座開設は欠かせません。移住者向けのサービスを提供する多くの銀行があります。

【手順】

  1. 必要な書類の準備:パスポート、エイリエン証明書(Alien Certificate of Registration)、そしてフィリピンの住所を証明する書類(賃貸契約書など)が必要です。

  2. 銀行選択:多くの銀行が存在しますが、英語対応可能な銀行や移住者向けのサービスが充実している銀行を選ぶと良いでしょう。

  3. 銀行で口座開設:必要な書類を持参し、銀行に赴きます。その場で口座開設が可能です。

【メリット】

  • 生活支払いがスムーズ:家賃や光熱費などの支払いが現地通貨でスムーズに行えます。

  • 現地通貨での収入:フィリピンで働く場合、給与の受け取り口座として役立ちます。

  • キャッシュレス決済:現地の大手スーパーやレストランではデビットカードが利用可能です。

以上が、フィリピンでの銀行口座開設の手順とメリットになります。

7. まとめと次のステップについて

この記事では、「フィリピン移住」について、基本情報からメリット・デメリット、事前準備、おすすめのエリア、銀行口座開設等、幅広い視点から具体的に解説してまいりました。特に、フィリピンの過ごしやすい気候や物価の安さ、親しみやすい人々の存在などは移住を考える上での大きな魅力となるでしょう。

しかし、食事の違いや"フィリピーノタイム"への適応、医療レベルと費用など、デメリットや課題も確かに存在します。それらを理解した上で、対策を立てることが移住成功へのカギとなります。

次のステップとしては、具体的なエリア選びや銀行口座開設など、具体的な生活設計を進めていくことをお勧めします。「フィリピン移住」を検討している方々が、この記事を参考に理想の生活を実現できますよう願っています。



bottom of page