top of page

フィリピン公用語と現地のコミュニケーション:何語を話すの?旅行や生活に役立つ情報

2023年12月16日

1. はじめに

フィリピンへの旅行や留学、ビジネスなどで訪れる方にとって、公用語や現地でのコミュニケーションの方法は非常に重要な情報となります。本記事では、フィリピンの公用語の概要、その背景、そして、現地でのコミュニケーションに焦点を当てて解説します。

フィリピンは文化の多様性が反映された言語環境を持つ国です。公用語はなんと2つあり、その一つは驚くべきことに英語です。しかし、それだけではありません。フィリピン全土で話される言語や方言の数は100以上とも言われています。

この記事を通じて、フィリピンの言語風景を理解し、現地での生活やコミュニケーションに役立つ情報を得ることができるでしょう。それでは、多彩なフィリピンの言語環境を一緒に探っていきましょう。

2. フィリピンの公用語について

(1)フィリピン語と英語の二つの公用語

フィリピンの公用語は何語を話すのでしょうか?答えは、フィリピン語と英語の二つです。

フィリピン語は、国民のアイデンティティとも結びついた言語で、「タガログ語」とも呼ばれます。この言語は、フィリピンの国民感情や文化を深く象徴しています。

一方、英語は、教育、ビジネス、政府の公式な会話など、多くの場面で使用されます。フィリピンでは初等教育の段階から英語の教育が行われているため、国民の多くが流暢に英語を話すことができます。

以下の表に、それぞれの言語がどのような場面で使われるかをまとめました。

言語

使用場面

フィリピン語

日常会話、地方行政

英語

教育、ビジネス、政府

これらの情報をふまえ、フィリピンでのコミュニケーションに活かしてみてください。

(2)なぜフィリピンでは英語が公用語になっているのか

フィリピンではなぜ英語が公用語とされているのでしょうか。これは、歴史的な経緯が大きく関与しています。1898年から1946年まで、フィリピンはアメリカの植民地でした。この期間、アメリカは教育制度の中で英語を積極的に導入しました。その影響は現在も色濃く残り、英語は教育、ビジネス、政府の公式行事など、様々な場面で使われています。

以下の表は、フィリピンの英語使用における主な場面を示しています。

使用場面

詳細

教育

学校教育の中心言語として

ビジネス

国際取引の主要言語として

政府の公式行事

公式文書やスピーチで使用

このように、フィリピンでは英語が広く使用されており、その背景には歴史的な経緯が深く関わっています。

3. フィリピンの言語の多様性について

(1)その数は100以上!? フィリピン各地で話される言語

フィリピンの言語状況は驚くほど多様です。実はフィリピン全土で話されている言語の数は100以上となっています。それぞれの地域やコミュニティーで異なる言語や方言が使われているのです。

たとえば、ルソン島ではタガログ語が主流で、ビサヤ地方ではセブアノ語がよく使われます。また、ミンダナオ島ではマガウィンダノウ語が話されています。

また、口語の中には、スペイン語や英語からの借用語も多く見受けられ、異なる文化背景を感じることができます。フィリピンはまさに「言語の宝庫」といえるでしょう。

これらの情報を表にまとめると以下のようになります。

地域

主要な言語

ルソン島

タガログ語

ビサヤ地方

セブアノ語

ミンダナオ島

マガウィンダノウ語

これらの地域ごとの言語について理解することで、フィリピン文化の理解が深まることでしょう。

(2)フィリピンで使われている言葉は170種類

フィリピンの言語の多様性は驚くべきもので、なんと170種類以上の言語が存在すると言われています。この膨大な数の言語が存在する理由は、フィリピンが7000以上の島々から成る大規模な群島国家であることが大きく関係しています。それぞれの地域で固有の言語や方言が生まれ、今日に至るまで受け継がれてきたのです。

その中でも特に話される人口が多い言語は、ビサヤ語、タガログ語、イロカノ語、ヒリガノン語などといった主要なものがあります。ただし、これらの地域言語も英語やフィリピン語と共に学校教育で教えられるため、一般的にフィリピン人は2~3の言語を流暢に話すことができます。

このように、フィリピンでは言葉の壁を感じることなく、安心して旅行や生活することが可能です。

4. フィリピンの英語の特徴

(1)なまりはそれほどない!? フィリピン英語の特徴

フィリピン英語の最大の特徴は、なまりが少なく、非英語圏出身者でも理解しやすい点です。これはフィリピンがかつてアメリカの統治下にあり、公教育でアメリカ英語が広く教えられた結果です。

また、フィリピンでは標準的な英語発音に近い「ゼネラル・アメリカン」が用いられることが多く、特定の地域色が強く出た発音は少ないです。ただし、一部にはスペイン語の影響を受けた発音も見られます。

さらに、フィリピン英語は表現が直訳的であるため、英語学習者にとっては理解しやすいとされています。これらの特徴から、フィリピンは英語学習のための留学先として人気があります。

(2)なぜフィリピン英語は理解しやすいのか

フィリピン英語の特徴としてよく挙げられるのがその発音の明瞭さです。英語は各国や地域によって独特の訛りやアクセントがありますが、フィリピン英語はその影響が薄く、非常に分かりやすい発音と言われています。

また、フィリピンでは幼い頃から英語教育が行われ、公用語として日常生活で広く使われているため、英語の基礎力がしっかりと身に付いています。その結果、フィリピン人は内容も明確に伝える能力が高くなっています。

以下に、フィリピン英語の特徴をまとめた表を示します。

フィリピン英語の特徴

・明瞭な発音

・訛りやアクセントの影響が少ない

・早い年齢からの英語教育

・内容を明確に伝える能力

これらの要素が組み合わさることで、フィリピン英語は多くの英語話者にとって理解しやすい言語となっています。

5. フィリピン生活で役立つコミュニケーション情報

(1)現地でよく使われるフィリピン語のフレーズ

フィリピンでの生活をスムーズに過ごすためには、現地でよく使われるフィリピン語のフレーズを覚えておくと便利です。

まずは基本的な挨拶から。"Kamusta"は「こんにちは」を意味し、友人や知人との会話で頻繁に使われます。また、"Salamat"は「ありがとう」を意味し、人々との交流を円滑にするために必要不可欠なフレーズです。

次に、ショッピングなどで便利なフレーズ。価格を尋ねる際は"Mga magkano ito?"(これはいくらですか?)と言います。

以下に、基本的なフィリピン語のフレーズを表にまとめました。

フィリピン語

日本語訳

Kamusta

こんにちは

Salamat

ありがとう

Mga magkano ito?

これはいくらですか?

覚えておくと便利なフレーズはまだまだたくさんありますが、これらのフレーズをマスターすれば、フィリピンでの生活がより豊かなものになるでしょう。

(2)生活に役立つ英語フレーズ

フィリピンでの生活をよりスムーズにするためには、基本的な英語フレーズを覚えておくと便利です。具体的には、会話の中で頻繁に使われる以下のフレーズがあります。

英語フレーズ

日本語訳

Where is the...?

...はどこですか?

How much is it?

これはいくらですか?

Can I have the...?

...をください。

Thank you.

ありがとう。

Excuse me.

すみません。

これらのフレーズは、レストランでの注文や、道案内を求める際など、様々なシチュエーションで活用できます。また、"Thank you."や"Excuse me."のような基本的な礼儀表現も、コミュニケーションを円滑に進めるために重要です。母国語であるフィリピン語と同じく、英語も日常生活で頻繁に使われていますので、身近な場面から学び始めると良いでしょう。

6. フィリピンと英語:語学留学先としての魅力

(1)フィリピンはどんな人におすすめの留学先なのか

フィリピンは、英語環境に身を置きながらも生活費が比較的安い国として、さまざまな人々におすすめの留学先です。特に、以下のような方にピッタリなのです。

  1. コストパフォーマンスを重視する方 フィリピンは、学費や生活費が安価なため、長期間の留学や予算を抑えたい方に最適です。

  2. 一対一の授業を希望する方 フィリピンの語学学校では、マンツーマンの授業が一般的です。個別のニーズに合わせて学べるのが大きな魅力です。

  3. 親しみやすい英語環境を求める方 フィリピン英語は、発音が比較的平易で理解しやすいため、英語初心者でも安心です。

これらの特性から、フィリピンは自分に合った学び方を追求する方々にとって有益な留学先と言えます。

(2)フィリピン留学で英語力を上げるためのポイント

フィリピン留学で英語力を上げるための重要なポイントは、日常生活で英語を使う機会を増やすことです。フィリピンでは公用語として英語が使われているため、ショッピングやレストランでのオーダー、ローカルとの会話など、日常生活の中で自然と英語を使う機会が増えます。

さらに、授業外でも英語を活用する環境を作ることが大切です。例えば、現地の友人との交流を深めることで、フィリピン英語のユニークな表現を学んだり、英語でのコミュニケーションスキルを磨くことができます。

また、学習時間を増やすために、自分の興味や学びたい分野に合わせた特化型の授業を選択することも効果的です。ビジネス英語やTOEFL対策など、目的に応じた授業が豊富に用意されています。

7. まとめ

本記事では、フィリピンの公用語について詳しく解説しました。フィリピンでは、フィリピン語と英語の二つが公用語として定められています。それぞれの言語が生まれた背景には、国の歴史や文化が深く関わっています。

また、フィリピンでは地域により様々な言語が使われており、その数はなんと100以上に上ると言われています。そのため、フィリピン全体で考えると、日常生活で使われている言葉は約170種類にもなるのです。

さらに、フィリピン英語の特徴として、なまりが少なく理解しやすい点が挙げられます。これは、フィリピンが語学留学先として人気がある一因でもあります。

フィリピンに旅行や留学を考えている方は、ぜひこの記事で紹介した情報を参考にしてください。さまざまな文化と言語が混在するフィリピンで、新たな発見と出会いがあなたを待っています。


bottom of page