top of page

フィリピンの時間と現地習慣を知って、無駄なく旅を楽しむ方法

2024年1月31日

1.はじめに

ご覧いただきありがとうございます。この記事では、フィリピンの時間とその地方ごとの時差、またフィリピンで過ごす上での現地習慣について詳しく解説します。フィリピンは、その美しい自然、豊かな文化、親日家が多い地域として知られていますが、実際に訪れる際にはさまざまな情報を把握しておくことが必要となります。

なかでも、フィリピンの時間管理と現地習慣は、旅行や留学の計画を立てる際に重要な要素です。それらを把握しておくことで、よりスムーズで充実した時間を過ごすことが可能になります。次の章では、フィリピンの時差や現地の生活習慣について掘り下げていきます。どうぞお楽しみに。

2.フィリピンの時間について

(1)フィリピンの時差と現在時刻

フィリピンは日本との時差が少なく、通常は日本時間より1時間遅れています。例えば、日本で12時の時、フィリピンでは11時です。しかし、日本のみ夏時間(デイライト・セービング・タイム)を実施している時期は、フィリピンとの時差が2時間になります。

日本時間

フィリピン時間

時差

12:00

11:00

-1時間

12:00 (夏時間)

11:00

-2時間

旅行やビジネスでフィリピンを訪れる際は、この時差を頭に入れ、適切なスケジュールを立てていくことが重要です。また、フィリピン国内でも微妙な時間差がある場合がありますので、その地域の現在時刻を確認しておくことをお勧めします。

(2)フィリピン各地域の時差と現在時刻

フィリピンは日本と同じく東京標準時間を使用していますが、国内でも地域による時差はありません。例えば、首都マニラも、観光地のセブも、山岳地帯のバギオも全て同じ時間を使用しています。

以下に、日本との時差を表にまとめました。

地域

時差

マニラ

0時間

セブ

0時間

バギオ

0時間

なお、フィリピンでは夏時間は導入されていないため、年間を通して時差は変わりません。次に旅行や出張を予定している方は、この情報を参考に時間管理をしてください。

3.フィリピンの現地習慣と時間の過ごし方

(1)フィリピンの気候と時間帯による過ごし方

フィリピンは一年中高温で湿度が高い熱帯気候です。そのため、日中は気温が高くなることが多いです。この時間帯は日差しが強いため、室内で休息を取るか、または日陰や冷房の効いた場所で過ごすことをおすすめします。一方、早朝や夕方になると涼しくなるため、アウトドアアクティビティや観光を楽しむのに適しています。

以下に、フィリピンの一日の時間帯と過ごし方の例を表にまとめます。

時間帯

過ごし方

朝6時〜10時

朝食をとりつつ街歩きや観光

10時〜15時

室内で休息、またはショッピングなど室内活動

15時〜18時

ビーチや観光地巡り

18時以降

ディナーや夜の市場探訪

これらの時間帯にしっかりと休息を取りつつ活動することで、フィリピンの気候を理解し、快適に過ごすことができます。

(2)フィリピンの食事時間と現地の美味しい食事

フィリピンでは一般的に一日3回の食事が主流です。大体のスケジュールとしては朝食は7時から8時、昼食は12時から13時、そして夕食は19時から20時頃にとられます。また、フィリピンの人々は軽いおやつを摂る習慣があり、午前10時から11時、午後3時から4時頃に小腹を満たします。

現地の美味しい食事については、以下の表をご覧ください。

食事

内容

アドボ

鶏肉や豚肉を醤油とビネガーで煮込んだ料理

シニガン

酸味のあるスープ料理で、雑煮風

レチョン

豚全体を使ったローストポーク

これらの名物料理を味わいながら、フィリピンの時間を楽しむことができます。

(3)フィリピンでの休日の過ごし方

フィリピンでの休日は、近くのビーチでリラックスするのが一般的です。時間帯によっては、夕方から夜にかけて、地元の人々と触れ合いながら、夜市で食事を楽しむこともおすすめです。

以下に、フィリピンでの休日の過ごし方の一例を表形式でご紹介します。

時間帯

行動

朝〜昼

ビーチで日光浴

昼〜昼後

地元のレストランでランチ

昼後〜夕方

市場探訪やショッピング

夕方〜夜

夜市での食事と交流

フィリピンの休日は、時間を気にせずにゆったりと過ごすのが特徴です。しかし、エリアによっては治安が悪い場所もあるため、事前に現地の情報を調べて無理なく楽しむことが大切です。

4.フィリピンの時間を活用した留学情報

(1)フィリピン留学の学校選びのポイント

フィリピン留学の成功は学校選びから始まります。まずは、自身の目的と合う学校を見つけることが重要です。英語力の向上を目指すのか、資格取得を目指すのかによって適した学校は異なるでしょう。

また、学校の設備や環境もチェックポイントです。図書館やコンピュータルームは充実しているか、自習スペースは広いか、寮は清潔かどうかなど、快適に過ごすための条件も考えてみてください。

さらに、フィリピンの学校では授業スタイルが1対1のマンツーマン授業が主流です。自分の英語力に応じてカリキュラムを組んでくれる学校を選ぶと、効率的にスキルアップすることができます。

最後に、料金も大きな選択のポイントです。学費や寮費、食事費などを含めてトータルで考え、負担が大きすぎない学校を選ぶことも重要となります。

以下の表に主な選択ポイントをまとめました。

選択ポイント

詳細

目的とのマッチング

英語力の向上、資格取得等目的に応じた学校選び

設備・環境

図書館やコンピュータルームの充実度、寮の環境等

授業スタイル

1対1のマンツーマン授業かどうか

料金

学費、寮費、食事費等を含めたトータルコスト

以上を考慮しながら、自分に最適な学校を見つけることがフィリピン留学の第一歩となります。

(2)フィリピン留学費用と費用を抑えるための時間管理

フィリピン留学の魅力の一つは、英語教育の質が高いことと併せて費用が比較的抑えられる点です。しかし、それでも生活費や学費は無視できない出費となります。

フィリピン留学の費用は、学校の種類、コース内容、滞在期間により変動しますが、一般的な範囲は以下の通りです。

項目

費用(1ヶ月あたり)

学費

約50,000~150,000円

宿泊費

約30,000~70,000円

生活費

約20,000~50,000円

費用を抑えるためには、時間管理がカギを握ります。例えば、自炊をする時間を確保することで食費を抑えることが可能です。また、授業外の時間を利用してバイトをすることも選択肢の一つです。しかし、就労にはビザの条件等、確認すべき事項がありますので注意が必要です。適切な時間管理で、充実した留学生活を送ることができます。

(3)フィリピン留学までの流れと時間割

フィリピン留学までの流れと時間割は計画的に進めることが大切です。まず、留学先の選定、ビザの手続き、航空券の予約といった手続きが必要です。留学先選定では、学校の評判やカリキュラム、費用などを比較検討しましょう。ビザの手続きは、大使館や領事館で行います。

次に時間割についてですが、フィリピンの学校では一日のスケジュールが厳しく管理されています。下記に一例を示します。

【時間割】

  • 8:00 - 9:00 朝食

  • 9:00 - 12:00 授業

  • 12:00 - 13:00 昼食

  • 13:00 - 17:00 授業

  • 17:00 - 18:00 自由時間

  • 18:00 - 19:00 夕食

  • 19:00 - 自由時間/自習

このように、授業、食事、自習などの時間が決まっており、それぞれの時間を有意義に過ごすことが求められます。これらを踏まえた上で、自身の留学計画を立てることが大切です。

(4)フィリピン留学の持ち物についてのアドバイス

フィリピン留学を成功させるためには、事前の持ち物の確認が重要です。まず、気候に適した服装が必須で、フィリピンは一年を通じて暑い国ですから、薄手の衣類やサンダル、帽子などを準備しましょう。

また、生活品についても、現地で手に入りにくいものは日本から持っていくと便利です。例えば、お世話になる方への手土産や、日本の文房具などが該当します。

さらに、現地の通信環境を考え、Wi-Fiルーターやスマートフォンは欠かせません。これにより、日本との時間差を意識したコミュニケーションが可能になります。

下記表に、フィリピン留学で必要な持ち物の一覧をまとめました。

持ち物

理由

薄手の衣類

フィリピンの気候に適応

サンダル、帽子

日差し対策

手土産

現地の人々とのコミュニケーション促進

日本の文房具

現地で手に入りにくい

Wi-Fiルーター、スマートフォン

通信環境確保

これらを参考に、フィリピンの時間と生活を満喫しましょう。

5.フィリピンの時間を最大限に活用するためのアクセス方法と連絡方法

(1)フィリピンへのアクセス方法

フィリピンへのアクセスは、基本的には飛行機を利用します。日本からフィリピンへの直行便は、日本国内の主要な空港から運行されています。成田、羽田、関空、福岡、名古屋などから主要都市マニラへの直行便が存在します。

また、トランジットを利用すると、さらに多くの都市からフィリピンへのアクセスが可能になります。例えば、韓国の仁川空港や台湾の桃園空港を経由する方法もあります。

下記に代表的な空港からの所要時間と主要航空会社を一覧にまとめました。

出発地

所要時間

主な航空会社

東京(羽田/成田)

約4-5時間

ANA, JAL, フィリピン航空

大阪(関空)

約4-5時間

フィリピン航空、セブパシフィック

福岡

約4-5時間

フィリピン航空

これらの情報を参考に、効率よくフィリピンへの行程を計画しましょう。

(2)フィリピンでの携帯電話について

フィリピン滞在中のコミュニケーション手段として、携帯電話は必須です。フィリピンでは、ローカルのSIMカードを購入し、使うことが一般的です。GlobeやSmartといった大手通信会社から、プリペイドSIMが手軽に購入可能です。

購入場所は、空港の通信会社カウンターや市内のコンビニエンスストアで手に入ります。料金プランは以下の通りです。

通信会社

通話・SMS

データ通信

Globe

20ペソ/(5分)

50ペソ/(1日)

Smart

20ペソ/(5分)

50ペソ/(1日)

データ通信を利用する際は、翻訳アプリや地図情報など、時間とともに必要となるアプリケーションの利用に注意しましょう。これらがフィリピン時間での有効な滞在をサポートします。

6.まとめ

この記事では、フィリピンの時間と現地習慣を詳しく説明しました。まず、フィリピンの時差や各地域の時間について理解し、それを考慮に入れた上で現地の生活様式を学びました。さらに、フィリピンでの適切な過ごし方や食事時間についても紹介しました。

また、フィリピン留学についても深く探りました。学校選びのポイント、費用管理のための時間計画、留学までの流れと時間割、そして必要な持ち物についての情報も提供しました。そして最後に、フィリピンへのアクセス方法と現地での携帯電話の利用方法について説明しました。

これらの情報をぜひ活用し、フィリピンの時間を最大限に利用して素晴らしい体験をしてください。

bottom of page