top of page

フィリピンおすすめグルメ!謎の卵「バロット」の味とは?

2023年12月22日

1.はじめに

フィリピン、その豊かな自然と独特な文化が醸し出す料理の数々。その中でも、一風変わった卵料理「バロット」は、フィリピンを訪れる旅行者やグルメたちの間で注目を集めています。しかし、「バロット」は一体何なのでしょうか?外観は卵そのものですが、中身は…?

この記事では、バロットの起源から食べ方、衛生上の注意点までを詳しく解説します。フィリピン旅行を予定している方はもちろん、新たな食文化に興味がある方にもぜひ読んでいただきたい内容となっております。料理の旅は、食べることで地域の文化や歴史を理解する手段の一つです。さて、フィリピンの卵料理「バロット」の世界へ、一緒に旅を始めましょう。

2.バロットとは何か:概要説明

(1)バロットの起源とフィリピンでの位置づけ

バロットは、フィリピンをはじめとした東南アジアで広く食されている伝統的なデリケーシーで、その起源は明確には分かっていません。しかし、おそらくは中国南部から伝わったと考えられています。現地では、鶏の卵を発酵させて作るこの料理は、ストリートフードとしてポピュラーです。

フィリピンでは、バロットは昼夜問わず手軽に楽しめる食品であり、特に夜の屋台ではよく見かけます。また、特別な日や祝祭日には家族団らんの食事として供されることもあります。一方で、そのユニークな容姿から賛否両論が分かれる一方、フィリピン文化の一部として広く認知されています。

(2)バロットの成分:卵の中身を詳しく

バロットは、フィリピンの伝統的な食文化で、主にアヒルや鶏の未完全に孵化した卵を茹でたものです。その成分は、卵黄、卵白、そして成長途中の胚から成り立っています。

まず、卵黄部分は、成長途中の胚を養うための栄養源となり、ビタミンAやビタミンDなどが豊富に含まれています。次に、卵白部分は主に水とタンパク質で構成されており、卵が孵化する過程で胚が消費するエネルギーの供給源となります。

そして、最も特徴的な部分である成長途中の胚ですが、こちらは鳥によって形状や大きさが異なります。通常、バロットの中の胚は十数日から二十日間の孵化期間を経て形成され、その成長度合いによって食感や風味が変わると言われています。

以上の3つがバロットの主な成分です。フィリピンの多くの人々にとってこれは、重要なタンパク質源となっています。

3.バロットの種類と調理法

(1)種類:鳥の種類や孵化の日数による違い

バロットといえば、一般的にはアヒルの卵が使われますが、鳥の種類によってはニワトリの卵が用いられることもあります。また、孵化の日数によってもバロットの種類は異なります。以下にその主な種類を表で示します。

孵化の日数

特徴

16日目

胎生部分が小さく、卵の白身や黄身が主体となる

18日目

胎生部分がやや大きくなり、食感が増す

21日目

胎生部分がほぼ完成形となり、羽やくちばしがある

これらの違いにより、食感や風味が変わるため、好みの種類を見つけるのもバロットを楽しむ一つの方法です。ただし、どの種類もフィリピンの伝統的な美味しさを堪能できます。

(2)調理法:フィリピンの家庭や露店での調理方法

フィリピンの家庭や露店では、バロットの調理方法が特徴的です。まず、卵は孵化前日数を確認した上で選びます。選んだ卵は、大きな鍋に並べて塩水に漬けます。ここでの塩分量が、後の味付けに重要な役割を果たします。

次に、鍋に蓋をし、弱火で約30分間蒸し煮にします。この間、卵は定期的に回転させることで、卵の中の胚が均一に加熱され、バロット特有の味わいが引き立てられます。

調理したバロットは、新聞紙で巻かれて保温されます。これがフィリピンの伝統的な方法で、旅行者にもこの形で提供されます。味わい豊かなバロットを楽しむためにも、その調理法を理解することは大切です。

4.バロットの食べ方

(1)外側から割る方法

バロットを食べる際の基本的な方法として、まず外側から割ります。この独特な食べ方がフィリピンの文化として広く知られています。先ずは、バロットの先端部分をやや強くつつき、卵の殻を割ります。この時、バロットの中にある風味豊かなスープがこぼれ出ないように注意が必要です。

次に、割った卵の殻の一部を取り除きます。そうすると、卵の中にあるスープ部分と白身部分が見えてきます。この段階で、一部の人々は調味料として塩や酢、またはスパイスを加えることもあります。

このようにしてバロットを開くと、そのユニークな風味を最大限に楽しむことができます。ただし、卵の割り方や調味料の加え方は地域や個人の好みにより異なるため、様々な方法を試してみるのも面白いかもしれません。

(2)スープを飲む方法

バロットを食べる際、まず外側から割ると露になるスープ部分です。この部分は出汁が染みた特徴的な味わいがあります。飲む方法はシンプルで、次の手順で進めます。

  1. バロットの尖った方をそっと割ります。ここから先にスープが出てくるので注意深く行ってください。

  2. 小さな穴から、スープをゆっくりと口に注ぎます。この瞬間、豊かな味わいが口いっぱいに広がります。

スープ部分はバロット全体の風味を感じられる大切な部分です。一口目からその味わい深さを楽しむことで、続く白身部分や黄身部分の食べる楽しみも増えます。

(3)残り部分の食べ方

バロットの残り部分、つまり卵の中の黄身や白身、そして孵化が進んだ部分に至るまでが食べられます。初めてバロットを食べる方は、見た目から避けがちな孵化部分も、フィリピンの伝統的な味わいの一部です。

黄身部分は通常のゆで卵と似ており、少し塩をつけて食べるのが一般的です。一方、白身部分は固めの食感なので、時間をおいてから食べ、最後に孵化部分を味わいます。これらの部分は、バロットの特有の風味と栄養が凝縮されています。

食べる順序は以下の通りです。

  1. スープを飲む

  2. 黄身部分を食べる

  3. 白身部分を食べる

  4. 孵化部分を食べる

風味や食感が異なる各部分を一つずつ楽しみながら食べ進めていくと、バロット独特の味わいに触れることができます。

5.バロットの食味

(1)テクスチャーの感想:スープ部分、白身部分、黄身部分、羽部分

バロットを食べる際の感触は部分によって異なります。まずは、スープ部分。ここから感じられるのは、濃厚な旨味と滑らかな口当たりで、まるでコラーゲンが豊富なスープを飲むような感覚です。

次に白身部分に移りましょう。これは固ゆで卵の白身に近いテクスチャーで、プルンとした弾力が楽しめます。

そして、黄身部分はまるでリッチなクリームのよう。ここには卵のコクがぎゅっと詰まっています。

最後に羽部分。これが最もチャレンジングな部分で、羽や骨の食感は一風変わった体験を提供してくれます。

部分

テクスチャーの感想

スープ部分

濃厚な旨味と滑らかさ

白身部分

プルンとした弾力

黄身部分

コクがありリッチなクリームのよう

羽部分

一風変わった食感

これらの感想は個々の感じ方に大きく左右されますが、一度は試してみる価値はあります。

(2)味の感想:スープ部分、白身部分、黄身部分

バロットを食べた感想を部位ごとに分けて述べてみましょう。

【スープ部分】 スープは塩味がキツイと感じる方もいるかもしれませんが、これが一種独特な風味を出しています。うま味が凝縮されたスープは、卵自体の風味を一段と引き立ててくれます。

【白身部分】 白身部分は、普通の卵よりも固めで、ちょっとした食感のアクセントとなります。味そのものは淡白ながら、スープと一緒に食べることで全体のバランスが整います。

【黄身部分】 黄身部分は、羽毛が見えるほど孵化が進んだバロットでは、鳥の風味が楽しめます。初めて食べる方は戸惑うかもしれませんが、これがバロットの真骨頂といえるでしょう。重厚な味わいを堪能できます。

これらの感想は個々の体験に基づくものです。実際にフィリピンでバロットを食べ、その独特な風味を自分で確かめてみてください。

6.衛生上の注意点

(1)販売場所や保存方法によるリスク

フィリピンでバロットを食べる際は、特に販売場所や保存方法に注意が必要です。街頭の露店で売られているバロットは新鮮さが保証されていない場合があります。また、保存方法によっては細菌や寄生虫が繁殖し、食中毒を引き起こす可能性があります。

【1.販売場所のリスクと対策】

・露店:新鮮さが保証されない → 信頼できる売り手を選ぶ

・未冷蔵:細菌が繁殖する → 冷蔵されているか確認する

保存方法についても、冷蔵保存が基本で、なるべく早期に食べることが推奨されます。食べる前には十分に加熱することで、細菌や寄生虫のリスクを減らすことが可能です。

【2.保存方法のリスクと対策】

・長期保存:細菌が繁殖する → 早く食べる

・未加熱:細菌・寄生虫が生きている可能性 → 食べる前に十分に加熱する

(2)食べる際の注意点

バロットを食べる際には、衛生的な観点からいくつか考慮すべき点があります。まず最初に、バロットを購入する場所を選ぶ際には注意が必要です。露店で販売されているものが一般的ですが、保存状態や衛生環境が不明なため、信頼できる店舗で購入することをおすすめします。

また、バロットはその特性上、十分な加熱調理が必要な食品です。中身が生肉のため、十分に火が通るまで調理し、食中毒を防ぐ事が大切です。

次に、食べ方についても注意が必要です。特に初めてバロットを食べる場合、未熟な部分や固い部分を食べず、完全に調理された部分だけを食べるようにしましょう。

以上の点を考慮し、美味しく安全にバロットを楽しむことができます。

7.まとめ

フィリピンの伝統的な珍味、バロット。その特異な見た目からは想像できないほどの奥深さを持っています。バロットが持つ異文化の魅力を知り、食の多様性を再認識しました。

バロットの成分や種類、調理法、さらには適切な食べ方まで、それぞれに独特の特徴があります。また、その食味は白身部分や黄身部分、そしてスープ部分まで個々に異なり、全体として一つのハーモニーを奏でています。

しかし、衛生的な面から見ても、バロットを買う場所や保存方法、食べ方には注意が必要です。特に、露店での購入や長時間の保存は避けた方が良さそうです。

今回の内容をふまえ、フィリピンを訪れた際にはぜひバロットを試してみてください。ただし、その際は衛生面を念頭に置きつつ、フィリピンの伝統的な味を堪能しましょう。


bottom of page